コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルレアン公ルイ オルレアンこうルイOrléans, Louis, Duc d'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルレアン公ルイ
オルレアンこうルイ
Orléans, Louis, Duc d'

[生]1372.3.13. パリ
[没]1407.11.23. パリ
フランスの王族。シャルル6世の弟。初のバロア伯であったが,1386年トレーヌ領を受け,92年これをオルレアン公領と交換した。 86年ミラノ公の娘と結婚,持参金としてイタリア北部の領地を得,ここに王国を建てる野心をいだいた。兄王が精神の健康を害すると叔父のブルゴーニュフィリップ (剛勇公) との間に権力闘争が生じ,その死後は,その息子ジャン (無畏公) と争った。 1407年ルイがジャンに暗殺されると,アルマニャック派ブルゴーニュ派に分れて,後期百年戦争中のフランスで長い抗争が始った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オルレアン公ルイの関連キーワードフィリップ(剛勇公)フィリップ・エガリテシャルル・ドルレアンオルレアン(公家)フィリップ(1世)ルイ・フィリップシャルル(6世)オルレアン王党派ジャン(無畏公)オルレアン王朝派ピエルフォン城シャンボールビスコンチブリッソーラフィットミラボー七月王政シャルルベリー公デュノア

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android