オルレアン公ルイ(読み)オルレアンこうルイ(英語表記)Orléans, Louis, Duc d'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オルレアン公ルイ」の解説

オルレアン公ルイ
オルレアンこうルイ
Orléans, Louis, Duc d'

[生]1372.3.13. パリ
[]1407.11.23. パリ
フランスの王族シャルル6世の弟。初のバロア伯であったが,1386年トレーヌ領を受け,92年これをオルレアン公領と交換した。 86年ミラノ公の娘と結婚,持参金としてイタリア北部の領地を得,ここに王国を建てる野心をいだいた。兄王が精神の健康を害すると叔父のブルゴーニュ公フィリップ (剛勇公)との間に権力闘争が生じ,その死後は,その息子ジャン (無畏公)と争った。 1407年ルイがジャンに暗殺されると,アルマニャック派ブルゴーニュ派に分れて,後期百年戦争中のフランスで長い抗争が始った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android