野心(読み)ヤシン

デジタル大辞泉の解説

や‐しん【野心】

ひそかに抱く、大きな望み。また、身分不相応のよくない望み。野望。「政治家になりたいという野心に燃える」「政権奪取の野心をもつ」
新しいことに取り組もうとする気持ち。「野心作」
野生の動物が人に馴れずに歯向かうように、人に馴れ服さず害を及ぼそうとする心。
「但し―改め難くして、情(こころ)に猶予を懐けり」〈三教指帰・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やしん【野心】

現状よりもさらに高い権力・名誉・財力などを得ようとする心。ひそかにいだいている分をこえた望み。
(野の獣が人になれないように)なれ服さないで、害そうとする心。謀反の心。 「此の謀いかなる-の者が京都へ告げたりけん/太平記 17

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野心の関連情報