コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロット酸 オロットさんorotic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロット酸
オロットさん
orotic acid

オロチン酸,あるいはオロト酸ともいう。ピリミジン合成の重要な前駆物質。牛乳から発見された (1904) ため,凝乳または乳精という意味のギリシア語から名前は由来している。 1948年に発見された,シロネズミの成長を促進する因子であるビタミン B13 と同一物だが,生体内でも合成されるため本当の意味のビタミンではない。オロット酸が大量に尿中に排泄する先天性代謝異常としてオロット酸尿症がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オロット酸の関連キーワードビタミンB複合体ビタミンB13ビタミン剤遺伝子疾患

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android