オロロンサントマリー(英語表記)Oloron-Sainte-Marie

デジタル大辞泉の解説

オロロン‐サントマリー(Oloron-Sainte-Marie)

フランス南西部、ピレネーザトランチック県の都市。ピレネー山脈の麓、アスプ川とオソー川が合流してオロロン川となる地点に位置する。サンティアゴ‐デ‐コンポステラの巡礼路上にあり、12世紀から13世紀にかけて建造されたロマネスク様式の彫刻で有名なサントマリー大聖堂は世界遺産(文化遺産)に登録されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android