コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オングット Önggüt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オングット
Önggüt

内モンゴルに栄えたチュルク系部族。9世紀に天山から移住してきた沙陀突厥の後裔で,10世紀には大同盆地から太原へ南下して後唐後晋後漢北漢の諸国を建て,次いで契丹の支配下に入り,時代には陰山に遊牧して北西辺の防衛を担当した。またこの時代にネストリウス派キリスト教徒となった。のちチンギス・ハンのときにモンゴルに服属,高唐王の称号を世襲した。高唐王コルギズ (ゲオルギオス) は最初のカトリック大主教モンテ・コルビーノを保護し,その居城オロン・スム教会堂を建てさせたことで有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オングットの関連キーワードアラクシュ・テギン(阿剌忽思的斤)エルケウン(也里可温)馬祖常

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android