オングル諸島(読み)オングルしょとう(英語表記)Ongul Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オングル諸島
オングルしょとう
Ongul Islands

南極大陸のインド洋側沿岸,リュツォホルム湾東部,プリンスオラフ海岸沖 6kmにある島群。昭和基地のある東オングル島をはじめ西オングル,オングルカルベン,テオイヤの4つのやや大きな島と,多数の小島から成る。 1937年ノルウェー南極探検隊の L.クリステンセンらが発見し,航空写真から地図をつくった。日本隊が初めて上陸,オングル島とされていたものが東西2つの島に分れていることなどを発見し,あらためてオングル諸島と命名した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android