コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーウェンズ・コーニング Owens-Corning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーウェンズ・コーニング
Owens-Corning

アメリカのグラスファイバの大手製造会社。 1938年オーウェンズ・イリノイ・グラスとコーニング・グラス・ワークスのガラス繊維部門を統合して設立。 95年現社名に変更。建築用資材部門にグラスウールファイバの断熱材防音材屋根板など,産業用資材部門にグラスファイバ糸,ロービング,マット,補強用製品,樹脂などがある。国外部門はヨーロッパ,南アメリカでグラスファイバ製の断熱材や糸,ロービング,マットなどを製造販売する。製品の多くは FIBERGLASの商標で販売されている。 94年ポリエチレンフォームメーカー UCインダストリーズを買収。売上構成比は建築資材 74%,産業資材 26%。年間売上高 43億 7300万ドル,総資産 49億 9600万ドル,従業員数2万 4000名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android