断熱材(読み)だんねつざい(英語表記)heat insulating material

  • heat insulating material, thermal insulator
  • 断熱材 heat insulating material

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱絶縁材とも呼ばれる。熱伝導率の低い材料製品。スチレン樹脂,エチレン樹脂,ウレタン樹脂などを発泡成形し,独立気泡の発泡ボードとしたもの。放熱防止,保温の目的で,工業用としては製鋼用などに,あるいは住宅建材として広く使われている。 500℃以下の温度で使う場合を保温材と呼ぶこともある。また工業用の炉の内壁などに使うものは耐火断熱材と呼ぶ。耐火断熱材として耐火断熱煉瓦 (ケイ酸質煉瓦,アノーサイト煉瓦,高アルミ質煉瓦,コーディライト煉瓦など) ,保温材として軽量キャスタブル,ケイ酸カルシウム保温材,鉱滓綿ガラスウール発泡プラスチック炭素繊維などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

熱エネルギーの移動を遮断(しゃだん)する材料。無機質のものと有機質のものがあり,一般に温度の高い場合には無機質材料が,温度の低い場合には有機質材料が使用される。無機質断熱材としては,セラミック繊維・ガラス繊維・アスベストなどを用いる繊維質断熱材,ケイ酸カルシウム・炭酸マグネシウムなどを用いる粉末質断熱材パーライト・泡ガラスなどによる多孔質断熱材がある。より温度の高い範囲で用いられる場合は耐火断熱材と呼ばれ,使用温度が低下するとともに断熱材,保温材,保冷材と呼ばれる。航空宇宙から一般家庭まで広く使われている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

熱エネルギーの移動を遮断する材料。この材料には無機質のものと有機質のものがあって,温度の高い場合には無機質材料が,温度の低い場合には有機質材料が一般に使用される。より温度の高い範囲で用いられる場合は耐火断熱材と呼ばれ,使用温度が低下するとともに断熱材,保温材,保冷材と呼ばれる。無機質断熱材は(1)繊維質断熱材,(2)粉末質断熱材,(3)多孔質断熱材に大別される。繊維質断熱材にはセラミック繊維,ロックウール,グラスウール,石綿などの原料が用いられ,それぞれ原料の名称をつけて呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

室内と外部の熱の移動を防ぐ建材。ロックウールグラスウールなどの繊維質材や、ウレタンフォームなどの多孔質材など、すきまが多く空気層のある材料を用いる。躯体外側に張り付ける外張り断熱、木造などで躯体の内側に挟まれた外壁と室内壁の間の空間)に入れる充填断熱などの方式がある。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異なる温度で隣り合う二つの材料間に設けて熱の授受を少なくし、両者の温度差を保つために用いる材料。普通、比較的熱伝導率の大きい基材が多孔、繊維状、粉粒状になって小気孔を多数もち、熱伝導率の小さい複合体の形態をとっているが、多層箔(はく)材料もある。基材が有機質のものにフォームプラスチック、コルク、木質繊維など、無機質のものに石綿、岩綿、グラスウール、フォームグラス、セラミックファイバー、珪藻(けいそう)土、ケイ酸カルシウム、炭酸マグネシウム、パーライト、バーミキュライトなどがある。また、使用時に温度の影響で収縮、溶融して断熱性能を低下しない安全使用温度域によって、次のように区分される。(1)保冷材(100℃以下)、(2)保温材(100~500℃)、(3)断熱材(狭義、500~1000℃)、(4)耐火断熱材(1000℃以上)。保冷材は液化天然ガス貯蔵のような超低温域用や食品などの冷凍庫から建築の省エネルギー化を目的とした断熱工法、さらには交通機関、家庭用品に至るまで広く用いられている。有機質断熱材の使用はほぼこの温度域に限られ、低温の場合は吸湿しにくいことも要求される。保温材、断熱材の例としては、建築物の火災時に躯体(くたい)の鉄骨を保護する耐火被覆や、耐火断熱材と外皮との間に用いられる断熱れんがなどがある。耐火断熱材は各種工業炉の内張りに用いられ、耐火れんがおよびキャスタブル耐火物などがあり、膨張収縮性、化学的抵抗性なども要求される。

[坪内信朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 熱を伝えにくい材料。石綿、ガラス繊維、コルク、珪藻土など。熱の遮断や保温などに用いる。〔新住居入門(1963)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

熱損失を少なくするために用いる熱伝導性の小さな材料.無機質と有機質があるが,すべて空気の断熱性を利用したもので多孔性である.炉で高温面を断熱する耐火物を耐熱耐火物といい,気孔率は60~75% である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の断熱材の言及

【伝熱】より

…銀,銅,金などはとくに熱伝導率が大きい。一方,通常断熱材,あるいは保温材と呼ばれるものは熱伝導率の小さい,例えば,岩綿,アスベスト,グラスウール,炭化コルクなどの物質によって作られている。そして多くの場合,多孔質,あるいは繊維層に成形されて熱伝導率の小さい空気を保持するように構成されている。…

【熱伝導】より

…気体の熱伝導率は小さいが,流れが生ずるときわめて有効に熱が伝えられる。したがって綿や発泡スチロールのように空気を多く含み,しかも流れが起こらない構造のものが断熱材として使われる。なお,熱絶縁には同時に熱放射による熱の伝導を防ぐことも考えなければならない。…

※「断熱材」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断熱材の関連情報