コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーバークロック オーバー クロック

4件 の用語解説(オーバークロックの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オーバークロック

CPUやメモリーなどに対して、メーカーが保証しているクロック周波数を超える設定にして、動作させること。より高い処理性能を得ることを目的として行われる。オーバークロック状態では、マザーボードなどにも負荷がかかるため、機器が破損する危険性も高いが、ユーザー自己責任であり、メーカー保証は効かない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

オーバークロック

CPU等の動作速度(クロック周波数)をカタログ値より上げ、高速に動作させる行為。「クロックアップ」とも呼ばれるパソコンCPUの場合、BIOSの設定を変更するなどして外部から強制的に動作クロック周波数を上げられる場合がある。クロック周波数を上げるとCPUの消費電力や発熱量が増えるため、コンピューターの電源供給や放熱の能力に余裕が必要となる。当然ながらCPUやパソコンなどのメーカーの保証外となる行為で、CPUの発熱過多による熱暴走などによってパソコンがハングアップする、負荷が耐久度を超えCPUが壊れるなどのリスクがある。インテルが2008年に発表したCore i7に搭載された「ターボ・ブースト・テクノロジー」は、必要な時だけオーバークロックを行う機能と考えることもできる。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーバー‐クロック(over clock)

コンピューターのマイクロプロセッサーなどの動作周波数クロック)を定格以上に引き上げ、動作速度の向上を図ること。オーバークロッキング。クロックアップ。→オーバークロッカー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

オーバークロック【over clock】

CPUなどの動作周波数(クロック)を定格以上に引き上げること。一般的に動作周波数が高いものほど処理速度が速いが、定格以上に動作させると耐久度を超えた負荷がかかるおそれがある。これによる破損はメーカー保証の対象外になる。◇「クロックアップ」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーバークロックの関連キーワード外部クロッククロッククロックアップクロック周波数CPUバスクロックベースクロックメガヘルツターボ・ブースト・テクノロジー動作周波数

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーバークロックの関連情報