定格(読み)ていかく(英語表記)rating

翻訳|rating

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定格
ていかく
rating

機器の製造者が保証する出力の限度,製造者が指定する電圧電流,回転速度周波数力率などの値を総称していう。これらの諸量は定格出力,定格電圧,定格電流などと呼ばれる。出力の定格には連続定格,短時間定格,反復定格の3種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐かく〔ヂヤウ‐〕【定格】

[名・形動ナリ]
格式を正しく守ること。かたくるしいこと。また、そのさま。
「そんな―なことを言はず」〈伎・夢物語盧生容画〉
一定のきまり。
「天地気中の機関(からくり)定理―ある事奇々妙々」〈北越雪譜・初〉

てい‐かく【定格】

定まった格式。きまり。
機器類について指定された条件下での使用限度。出力・速度・電圧電流・回転数などの値で示される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうかく【定格】

格式を守ること。また、かたくるしいこと。

ていかく【定格】

定まった格式。物事のきまり。
ある機器の、指定された条件の下における使用限度。指定条件は定格出力を発生させるべき回転速度・電圧・周波数などで表される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定格の関連情報