コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定格 ていかくrating

翻訳|rating

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定格
ていかく
rating

機器の製造者が保証する出力の限度,製造者が指定する電圧電流,回転速度周波数力率などの値を総称していう。これらの諸量は定格出力,定格電圧,定格電流などと呼ばれる。出力の定格には連続定格,短時間定格,反復定格の3種類がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐かく〔ヂヤウ‐〕【定格】

[名・形動ナリ]
格式を正しく守ること。かたくるしいこと。また、そのさま。
「そんな―なことを言はず」〈伎・夢物語盧生容画〉
一定のきまり。
「天地気中の機関(からくり)定理―ある事奇々妙々」〈北越雪譜・初〉

てい‐かく【定格】

定まった格式。きまり。
機器類について指定された条件下での使用限度。出力・速度・電圧電流・回転数などの値で示される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうかく【定格】

格式を守ること。また、かたくるしいこと。

ていかく【定格】

定まった格式。物事のきまり。
ある機器の、指定された条件の下における使用限度。指定条件は定格出力を発生させるべき回転速度・電圧・周波数などで表される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

定格の関連キーワード動力炉・核燃料開発事業団ニッケルアルカリマンガン乾電池ランナウェイ効果制御棒抜き再起動オーバークロックラウドネス定格単相誘導電動機エジソン蓄電池シリコン整流器炭素被膜抵抗器原動機付自転車マンガン乾電池オイルリフトトライアックくさつ夢風車設備利用率短絡発電機コンセント

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定格の関連情報