コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープン・テリトリー open territory

1件 の用語解説(オープン・テリトリーの意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

オープン・テリトリー【open territory】

販売員や販売店に、特定の販売領域を与えないで、どこの市場でも自由に競争させる制度。一般的には、自社の販売チャネルの内で競争が発生し、価格競争に陥るので、販売制度上好ましくないと考えられている。しかし、商品の市場への導入期には有効な戦略である。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オープン・テリトリーの関連キーワード個別販売テリトリー制販売管理アロウアンスフィールドマンバック・マージン販売員管理販売員報告書販売割当併売店

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone