オープン価格制度(読み)オープンかかくせいど

百科事典マイペディアの解説

オープン価格制度【オープンかかくせいど】

流通業者が自由に商品価格を設定する制度。近年,家電業界やカメラ業界,食品業界の一部企業が導入して注目を集めている。メーカーが希望卸売・小売価格を設定する建値制と異なり,基準価格が提示されないため,乱売や二重価格表示の防止に役立つ反面,流通業者消費者の商品知識や鑑識眼が重要となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android