注目(読み)チュウモク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
注意して見つめること。「目の前の舞台を注目する」
関心をもって見守ること。「注目に値する意見」「注目される作品」
旧軍隊などで、姿勢を正し相手にをそそいで敬意を表すこと。また、それを命じる語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 目を向けてよく見ること。注意して見ること。関心をもって見守ること。注視。〔布令字弁(1868‐72)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三「此処は駅路行人皆な僕に注目(チウモク)し、亦他見の嫌疑あり」 〔晉書‐孫恵伝〕
② 旧軍隊などで、指揮者、説明者などを注視させること。また、そのための命令の語。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉敬礼の取消「曲り角からヒョックリ将校が…此方の兵士周章(あわただ)しく挙手注目(チウモク)を行(や)って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注目の関連情報