コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑑識眼 かんしきがん

大辞林 第三版の解説

かんしきがん【鑑識眼】

物事の善悪・真偽・美醜などを見分ける眼力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鑑識眼の関連キーワードロンドン・ナショナル・ギャラリーアッシュール・バニパルエドワード(黒太子)フルトウェングラーオープン価格制度フルトベングラーディオスコリデスカーンバイラーアンソロジー田村 太兵衛サントブーブ横河 下枝下条 桂谷ラ・アルプ岡崎 林平確か・慥か児島喜久雄田山 方南藤波言忠大口周魚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鑑識眼の関連情報