コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーベロン おーべろん

1件 の用語解説(オーベロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オーベロン(〈ドイツ〉Oberon)

オベロン」に同じ。
ウィーラント叙事詩。1780年発表。著者の代表作で、ゲーテが絶賛したことでも知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオーベロンの言及

【オベロン】より

…ドイツの《ニーベルンゲンの歌》で英雄ジークフリートが獲得する秘密を守る小人の妖精王はアルベリヒAlberichで,〈エルフの王〉の意。フランスの中世騎士物語《ボルドーのユオン》では,主人公を超人的な力で助ける背丈3フィート(約90cm)の森の妖精王として現れ,名まえもオーベロンAuberonに変化した。一説にはアーサー王伝説の湖の精モルガンとシーザー(カエサル)の息子といわれ,誕生時に妖精ののろいで小さくされ,また超能力も与えられたといわれている。…

※「オーベロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーベロンの関連情報