コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーラフ1世 オーラフいっせいOlaf I Tryggvason

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーラフ1世
オーラフいっせい
Olaf I Tryggvason

[生]964頃
[没]1000
ノルウェー王 (在位 995~1000) 。ハーラル1世 (美髪王) の孫。生後まもなく父が殺され,キエフのウラジーミル1世 (聖公) のもとへ逃れた。バイキングの長となり,アイスランドの散文物語「サガ」の伝えるところによればシチリア島などを略奪。デンマーク王スウェイン1世とともにロンドンを攻撃 (994) 。キリスト教徒となりノルウェーに戻って王を称した。ノルウェーおよびアイスランドを力によってキリスト教化。スウェイン1世とスウェーデン王ウーロフ (課税王) の連合軍に敗れ,戦死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オーラフ1世の関連キーワードイギリス史(年表)オーラフ2世トロンヘイムイギリス史ハーラルスベン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android