オーランガーバード(読み)おーらんがーばーど(英語表記)Aurangabad

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーランガーバード
おーらんがーばーど
Aurangabad

インド西部、マハラシュトラ州中部の都市。ムンバイ(ボンベイ)の東北東約333キロメートルに位置する。アウランガーバードともいう。人口3万2134、周辺部を含む人口89万1841(2001)。かつてはファテナガールとよばれたが、ムガル帝国6代目のオーランゼーブ(アウランゼーブ)帝がデカン地方を治める根拠地とし、自分の名をとって改名した。近くにアジャンタエローラの窟院(くついん)群を控えた観光都市として知られる。「デカンのタージ・マハル」といわれるマクバラ廟(びょう)がある。[福岡義隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android