コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウランガーバード Aurangābād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウランガーバード
Aurangābād

インド西部,マハーラーシュトラ州中部の都市。アウランガーバード県の行政庁所在地。ムンバイ (ボンベイ) 東北東約 280km,アジャンタ山脈の南に続く丘陵中の標高約 560mに位置。ゴダバリ川支流のカウム川に面する。 1610年に建設された当時はカドキと呼ばれていたが,ほどなく,のちにムガル帝国の第6代皇帝となったアウラングゼーブがデカン太守として着任し,改名。その後ハイデラバード王国の支配下に入り,独立後ボンベイ州に編入され,1960年からマハーラーシュトラ州に属している。絹織物を特産し,綿織物,毛織物,搾油などのほか,周辺の農・畜産物の加工が盛ん。県内にはアジャンタ,エローラなどの仏教遺跡がある。人口 57万 2634 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アウランガーバード(Aurangabad)

インド西部、マハラシュトラ州の都市。州都ムンバイの東約330キロメートルに位置する。ムガル帝国第6代皇帝アウラングゼーブがデカン地方を治める拠点を置き、自らの名をとって改称タージマハルを模して建てられた霊廟ビービーカマクバラーがある。オーランガーバード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アウランガーバード【Aurangābād】

西インド,マハーラーシュトラ州中部の都市。人口31万6000(1981)。アジャンターおよびエローラの石窟への観光基地として知られる。また,町の北郊のビービー・カー・マクバラーBībī‐kā‐makbarāは,1679年タージ・マハルを模してムガル朝のアウラングゼーブ帝(在位1658‐1707)が建てた王妃の廟。その北方の丘の南腹に5窟ずつ,やや距離をおいて掘られた2群の仏教窟院がある。第4祠堂(チャイティヤ)窟のみ紀元前後にさかのぼり,他はすべて6~7世紀の僧院(ビハーラ)窟で,仏殿化への変容をとげた末期の形式をとるものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウランガーバード
あうらんがーばーど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アウランガーバードの関連キーワードオーランガーバード石窟群アウランガーバード石窟群ダウラターバードアジャンタ石窟フルダーバードパンチャッキーエローラ石窟ブラーンプルヤーダバ朝シバージーインド美術ジャルナワリー

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android