コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーレー Auray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーレー
Auray

フランス西部,モルビアン県の町。ブルターニュ半島南部,モルビアン湾の奥にあって,カキ養殖で有名であるが,家具製造も行われる。 1364年,ブルターニュ公領の相続権をめぐって,フランス王フィリップ6世の甥シャルル・ド・ブロアと,イングランドの支持するジャン・ド・モンフォールとがここで戦い,シャルルは敗死した。聖アンヌ・ドーレーのバシリカはブルターニュの巡礼地として有名。人口 9357 (1982) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オーレーの関連キーワードロクマリアケール

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーレーの関連情報