オーンゲルマン川(読み)オーンゲルマンがわ(英語表記)Ångermanälven

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーンゲルマン川
オーンゲルマンがわ
Ångermanälven

スウェーデン北部,ベステルボッテン,ベステルノルランド両県を流れる川。ノルウェー国境に発しボスニア湾に注ぐ。全長 450km。流域の途中に数多くある湖沼は,河川水流量を制御する役割を果す。また,切出した木材の運搬・発電用としても重要。下流域の沿岸には木材加工・パルプ工場が立地する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android