カイソン・プームビハン(英語表記)Kaysone Phomvibon

20世紀西洋人名事典の解説


1920.12.13 -
ラオスの政治家。
ラオス首相。
サバナケット州生まれ。
ベトナム人を父として生まれ、ハノイ大学で学び、日本軍占領下の抗日闘争を経て、1949年インドシナ共産党に入党。’50年スファヌボン殿下らと反仏運動の民族統一戦線ラオス自由戦線を結成、’55年ラオス人民革命党結成し、書記長となる。’64年愛国戦線(現国家建設戦線)副議長を経て、’75年人民共和国樹立にともない首相に就任し、’81年にはレーニン勲章受章

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android