カイソン・プームビハン(英語表記)Kaysone Phomvibon

20世紀西洋人名事典の解説

カイソン・プームビハン
Kaysone Phomvibon


1920.12.13 -
ラオスの政治家。
ラオス首相。
サバナケット州生まれ。
ベトナム人を父として生まれ、ハノイ大学で学び、日本軍占領下の抗日闘争を経て、1949年インドシナ共産党に入党。’50年スファヌボン殿下らと反仏運動の民族統一戦線ラオス自由戦線を結成、’55年ラオス人民革命党結成し、書記長となる。’64年愛国戦線(現国家建設戦線)副議長を経て、’75年人民共和国樹立にともない首相に就任し、’81年にはレーニン勲章受章

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android