書記長(読み)ショキチョウ

大辞林 第三版の解説

しょきちょう【書記長】

労働組合・政党などで、書記局の長。
旧制で、控訴院・大審院の書記課の長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょき‐ちょう ‥チャウ【書記長】

〘名〙
旧制で、控訴院、大審院で書記課の事務を指揮、監督する奏任官。
② 政党、労働組合などで書記局の長。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の書記長の言及

【組合役員】より

…労働組合運動の指導的立場にあって,組合業務の執行について協議,決定を行い,それを実行する者をいう。日本では通常,執行委員長,副執行委員長,書記長,執行委員および会計監査を指す。会計監査を除く組合役員は執行委員会を構成し,執行委員長,副執行委員長,書記長は組合三役と呼ばれる。…

※「書記長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書記長の関連情報