コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイフ かいふ

世界大百科事典内のカイフの言及

【北山杉】より

…京都に近接する北山地方の杉植伐林業は1000年以上の歴史をもつといわれるが,台杉林業,すなわち1本の杉台木(台杉=株木)から数本の通直な幹を育て,下から順次枝を払って節をなくし,目的に合ったものから抜き伐り,磨いて利用する〈磨丸太〉の技法は,応永年間(1394‐1428)に始まると伝えられる。この台杉丸太が著名になるのは〈茶の湯〉の流行につれて,茶室建築の発達する室町中期以後であるが,そのころから産地では普通丸太(北山丸太,白杉丸太)と垂木丸太(カイフともいう)の別を生じるようになり,前者はおもに茶室・書院の柱や桁に,後者は軒先の垂木や天井縁に用いられた。この両者とも近世の城郭や邸宅内に設けられる書院・茶室には重用され,その後は普通住宅の柱などにも多く使用されるようになった。…

※「カイフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイフの関連キーワードセバン カリス・スズキルオヤン(洛陽)特別市バルーン椎体形成術ランカオ(蘭考)県ホーナン(河南)省トラフグ(虎河豚)ダニエル・クレイグ経皮的後弯矯正術ウイングスーツレッドホーククオ(渦)河鳥海国定公園マルワーン朝駒田 好洋ファインズイヨフウロ河南(省)シェイミ中国演劇メンデス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイフの関連情報