コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキシメジ(柿占地) カキシメジTricholoma ustale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カキシメジ(柿占地)
カキシメジ
Tricholoma ustale

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。秋に,広葉樹林腐木などに発生する。傘は広い丸山形でのちに平らになるが縁は常に内に巻いている。直径4~10cm。表面は褐色ないし栗褐色で,ひだは白色のちに赤くなる。柄は長さ5~8cmで白色,根もとが少しふくらみ赤みを帯びている。このキノコは食べることもあるが,しばしば下痢を起すので避けたほうがよい。本州に広く知られ,ヨーロッパにも分布する。この種にきわめてよく似たマツシメジ T. albobrunneumがアカマツ林に出る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カキシメジ【カキシメジ(柿占地) Tricholoma ustale (Fr.) Kumm.】

担子菌類ハラタケ目キシメジ科の毒キノコ(イラスト)。かさは直径4~8cm,まんじゅう形から平らに開く。表面は茶褐色~栗褐色,湿ったときはやや粘りをおびる。肉は白,ひだは白いが古くなると茶色のしみができるのが特徴で,に深く湾生する。茎は長さ3~6cm,太さ1~2cm,ほぼ円柱状,かさに近い部分は白くて粉毛をおびるが,そのほかは淡茶色。内部に髄があるか中空で充実しない。秋,雑木林や広葉樹林の地上に群生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカキシメジ(柿占地)の言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…また後者には胃腸障害,神経系統をおかすものなどがあり,中毒症状もさまざまである。以上のことから見て,第1に致命的な猛毒菌としてドクツルタケ(シロタマゴテングタケを含めて),致命的ではないが中毒件数がとくに多いツキヨタケ,イッポンシメジ(クサウラベニタケを含めて),カキシメジ(マツシメジを含めて)などの見分け方を衆知すれば,日本のキノコ中毒者の数は現在の1/3~1/4に減るであろう。 ドクツルタケは日本における代表的猛毒菌で,茎の根もとに袋状のつぼがあり,上の方に膜質のつばがある。…

※「カキシメジ(柿占地)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android