コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサネカンザシゴカイ Hydroides norvegica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサネカンザシゴカイ
Hydroides norvegica

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科。体は長さ 4cmほどで,頭部胸部腹部に分れる。頭部に鰓冠と1本の柄の上についた殻蓋とがあり,殻蓋の構造が上下2段になっているところからその名がつけられた。胸部は薄い胸膜をもち,7剛毛節から成るが,第1剛毛節の針状剛毛を特に襟剛毛と呼んでいる。腹部は 100内外の体節から成り,後端は次第に細くなる。岩や貝殻の上に白い石灰質の管をつけ,その中で生活している。なお,日本でこれまでに本種であると報告されたもののなかには,本種と非常によく似ている内湾性の H. elegansが混同されている可能性が多分にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサネカンザシゴカイ
かさねかんざしごかい / 重簪沙蚕

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科のヒドロイデス属Hydroidesの海産動物の総称。沿岸の岩礁に着生し、白い石灰質の棲管(せいかん)の中で生活し、体は鰓冠(さいかん)部、胸部、腹部に分かれる。鰓冠部には数対から数十対の鰓糸(さいし)と1、2本の柄があり、その先端には殻蓋(かくぶた)をつける。殻蓋は二つの杯状体が上下に重なっており、そのためにこの名がつけられている。下部杯状体は漏斗状で辺縁に20~55個の歯状突起をもつが、上部杯状体の形にはさまざまなものがある。胸部は7剛毛節からなり、背足枝には有翼の針状剛毛、腹足枝には櫛(くし)状剛毛がある。腹部は多くの体節からなる。日本には、現在ヒドロイデス属に13種が知られているが、そのうちエゾカサネカンザシゴカイH. ezoensisとヒドロイデス・フシコラH. fusicolaの2種が東北地方から北海道にも分布している。そのほかの種類は黒潮の影響する海域のみにすむ。エゾカサネカンザシゴカイの棲管は上方に伸びて高さ10センチメートルほどの群集をつくることもあり、発電所の水路などに密着すると被害を与える。[今島 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカサネカンザシゴカイの言及

【カンザシゴカイ】より

…非常に厚くて太い管をつくる。カサネカンザシゴカイHydroides elegamsは本州中部以南に分布し,体長2cmほどで細い管をつくる。殻ぶたは2段に重なっていて,上段の盃状体には14~17本のとげが花弁状に並んでいる。…

※「カサネカンザシゴカイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カサネカンザシゴカイの関連キーワードヤッコカンザシゴカイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android