コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサネカンザシゴカイ カサネカンザシゴカイ Hydroides norvegica

2件 の用語解説(カサネカンザシゴカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサネカンザシゴカイ
カサネカンザシゴカイ
Hydroides norvegica

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科。体は長さ 4cmほどで,頭部,胸部,腹部に分れる。頭部に鰓冠と1本の柄の上についた殻蓋とがあり,殻蓋の構造が上下2段になっているところからその名がつけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサネカンザシゴカイ
かさねかんざしごかい / 重簪沙蚕

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科のヒドロイデス属Hydroidesの海産動物の総称。沿岸の岩礁に着生し、白い石灰質の棲管(せいかん)の中で生活し、体は鰓冠(さいかん)部、胸部、腹部に分かれる。鰓冠部には数対から数十対の鰓糸(さいし)と1、2本の柄があり、その先端には殻蓋(かくぶた)をつける。殻蓋は二つの杯状体が上下に重なっており、そのためにこの名がつけられている。下部杯状体は漏斗状で辺縁に20~55個の歯状突起をもつが、上部杯状体の形にはさまざまなものがある。胸部は7剛毛節からなり、背足枝には有翼の針状剛毛、腹足枝には櫛(くし)状剛毛がある。腹部は多くの体節からなる。日本には、現在ヒドロイデス属に13種が知られているが、そのうちエゾカサネカンザシゴカイH. ezoensisとヒドロイデス・フシコラH. fusicolaの2種が東北地方から北海道にも分布している。そのほかの種類は黒潮の影響する海域のみにすむ。エゾカサネカンザシゴカイの棲管は上方に伸びて高さ10センチメートルほどの群集をつくることもあり、発電所の水路などに密着すると被害を与える。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカサネカンザシゴカイの言及

【カンザシゴカイ】より

…非常に厚くて太い管をつくる。カサネカンザシゴカイHydroides elegamsは本州中部以南に分布し,体長2cmほどで細い管をつくる。殻ぶたは2段に重なっていて,上段の盃状体には14~17本のとげが花弁状に並んでいる。…

※「カサネカンザシゴカイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カサネカンザシゴカイの関連キーワードイバラカンザシゴカイヤッコカンザシゴカイ沙蚕玉敷沙蚕翼沙蚕クロムシカンザシゴカイゴカイ(沙蚕)ムカシゴカイ(昔沙蚕)環形動物門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone