コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサリン・ハワード Catherine Howard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサリン・ハワード
Catherine Howard

[生]1521頃
[没]1542.2.13. ロンドン
イングランド王ヘンリー8世の5番目の妃。キャサリン・ハワードとも表記される。ハワード家の2代ノーフォーク公トマスの孫。ヘンリーの4番目の妃アン侍女であったが,1540年7月結婚。派手好きな性格が政敵に乗じられ,結婚前の不品行を理由に処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カサリン・ハワードの関連キーワード大永メアリースチュアート徳川家康メアリー・スチュアートメアリスチュアートメアリー・スチュアートダッケの反乱メーリ・ステュアート青巌周陽早雲寺

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android