侍女(読み)じじょ

精選版 日本国語大辞典「侍女」の解説

じ‐じょ ‥ヂョ【侍女】

〘名〙 貴人の側に仕えて、その身のまわりの世話をする女。小間使いの女。腰元(こしもと)
※経国集(827)一一・竹樹新裁流水遠引即事有興把筆直疏得寒字応制〈小野岑守〉「侍女開扉聴、親臣巻箔看」
※太平記(14C後)二一「後宮三千人の侍女(ジジョ)の中より花を猜(そね)み月を妬む程の女房達を」 〔白居易‐聞楊十二新拝省郎遙以詩賀詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「侍女」の解説

じ‐じょ〔‐ヂヨ〕【侍女】

貴人などのそばに仕える女性。腰元。

まか‐たち【侍女/侍婢】

《「まかだち」とも》貴人に付き従う女。腰元。
「豊玉毘売(とよたまびめ)の―」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android