コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステランマレ・デル・ゴルフォ Castellammare del Golfo

世界大百科事典 第2版の解説

カステランマレ・デル・ゴルフォ【Castellammare del Golfo】

イタリア南部,シチリア島北岸,ティレニア海の同名の湾にのぞむ漁港の町。人口1万3348(1981)。古くはギリシア植民都市セゲスタSegestaの港であった。繊維,魚の加工業がおもな産業。円筒形の塔をもつ城塞(カステロ)が海(マーレ)に突き出ているところから,この名がつけられたと思われる。町から3km内陸にあるセゲスタの遺跡から,この城塞がのぞまれる。【望月 一史】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android