カタンツァロ(英語表記)Catanzaro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア南部,カラブリア州州都で,カタンツァロ県の県都。イタリア半島先端より北東約 130km,標高 340mにある。 10世紀ビザンチン帝国の町として創設。 17~18世紀には絹織物で知られ,ナポレオン戦争イタリア統一運動では重要な役割を果した。町にはバロック様式の聖ドメニコ修道院や美術館がある。ふもとのカタンツァロサラの鉄道の駅までケーブルカーが通じている。農産物集散地で,化学工業がある。人口9万 3464 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカタンツァロの言及

【カラブリア[州]】より

…面積1万5080km2,人口208万(1994)。州都はカタンツァロCatanzaro。長靴形のイタリア半島のつま先にあたる部分を占め,南北に細長い。…

※「カタンツァロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android