コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カップリングシュガー coupling sugar

栄養・生化学辞典の解説

カップリングシュガー

 ショ糖のグルコース残基に,さらにグルコース1〜3分子がα1→4結合で結合した糖.う(齲)食性が低いので抗う(齲)食性砂糖代替物として使われる.消化されるのでエネルギー値は糖としての値を示す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

カップリングシュガー【coupling sugar】

ショ糖にブドウ糖を結合させて作る甘味料。虫歯になりにくいため、幼児用菓子などに使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カップリングシュガーの関連キーワードブドウ糖

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android