葡萄糖(読み)ブドウトウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶどう‐とう ブダウタウ【葡萄糖】

〘名〙 単糖類の一つ。化学式 C6H12O6 白色結晶で甘味は蔗糖より弱い。水に溶けやすく、還元性がある。葡萄の果実や蜂蜜(はちみつ)など広く生物界に分布し、人体の血液には約一パーセント含まれる。生物組織中でエネルギー源として消費される。自然には光合成の結果生成され、工業的には澱粉やセルロースを希酸で加水分解して得られる。アルコール発酵の原料・医薬などに用いられる。Dグルコース。〔薬品名彙(1873)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android