蔗糖(読み)しょとう

精選版 日本国語大辞典「蔗糖」の解説

しょ‐とう ‥タウ【蔗糖】

〘名〙 甘(サトウキビ)からとった砂糖。今日では特に、サトウキビ、サトウダイコン、サトウカエデなどから工業的に採取される二糖類をいう。化学式は C12H22O11 加水分解すると果糖とブドウになる。砂糖の主成分で、食用のほか、分析用試薬にも用いられる。サッカロース。〔正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献薬帳〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android