蔗糖(読み)しょとう

精選版 日本国語大辞典「蔗糖」の解説

しょ‐とう ‥タウ【蔗糖】

〘名〙 甘(サトウキビ)からとった砂糖。今日では特に、サトウキビ、サトウダイコン、サトウカエデなどから工業的に採取される二糖類をいう。化学式は C12H22O11 加水分解すると果糖とブドウになる。砂糖の主成分で、食用のほか、分析用試薬にも用いられる。サッカロース。〔正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献薬帳〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蔗糖」の解説

しょ‐とう〔‐タウ〕【×蔗糖】

サトウキビサトウダイコンなどから抽出される糖。ぶどう糖果糖とが結合した二糖類化学式C12H22O11 サッカロース。スクロースケーンシュガー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android