コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カティハール カティハールKatihār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カティハール
Katihār

インド北東部,ビハール州北東部の町。プルネア県の行政庁所在地ガンジス川の支流サウラナディー川東岸に位置。農産物交易のほか,精米,ジュート加工,植物油製造,製粉,マッチ製造などの工業もあり,ヒツジの飼育も重要。バーカルプル大学のカレッジがある。人口 13万 5348 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone