コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトマイ[山] カトマイ

2件 の用語解説(カトマイ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カトマイ[山]【カトマイ】

米国,アラスカ州活火山。標高2047m。アラスカ半島の中部にあり,1912年に大噴火を起こした。氷河も多い。付近一帯はカトマイ国定記念物地域に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カトマイ[山]【Mount Katmai】

アラスカ半島中部にある活火山。標高2047m。中生層の基盤の上にのる主として安山岩から成る第四紀成層火山で,類似した数個の火山と群を成す。1912年6月に大噴火し,約60時間内に4km3火砕流とそれに続く大量の降下軽石を噴出し,最後に溶岩円頂丘ノバラプタNovaruputaを生じた。その結果,山頂火口は陥没し,径約4kmのカルデラを生じた。火砕流堆積物は北にのびる広い谷を埋め,Valley of Ten Thousand Smokesと名づけられ,多数の二次噴気孔が噴火後数十年間活動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカトマイ[山]の言及

【アラスカ半島】より

…太平洋とベーリング海にはさまれて南西方向に約800kmにわたって延び,アレウト列島に続く。中央をアレウト山脈が走り火山が多く,北東部には活火山のカトマイ山(2047m)を中心にカトマイ国定記念物がある。気候は湿潤冷涼で霧が頻繁に発生し,植生は草原が支配的である。…

※「カトマイ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カトマイ[山]の関連キーワードアラスカ半島アリューシャン列島エトナ山恵庭岳御嶽山キスカ島セントヘレンズフェアバンクスクリュチェフスカヤ山アラスカ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone