コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトマイ[山] カトマイ

百科事典マイペディアの解説

カトマイ[山]【カトマイ】

米国,アラスカ州活火山。標高2047m。アラスカ半島の中部にあり,1912年に大噴火を起こした。氷河も多い。付近一帯はカトマイ国定記念物地域に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カトマイ[山]【Mount Katmai】

アラスカ半島中部にある活火山。標高2047m。中生層の基盤の上にのる主として安山岩から成る第四紀成層火山で,類似した数個の火山と群を成す。1912年6月に大噴火し,約60時間内に4km3の火砕流とそれに続く大量の降下軽石を噴出し,最後に溶岩円頂丘ノバラプタNovaruputaを生じた。その結果,山頂火口は陥没し,径約4kmのカルデラを生じた。火砕流堆積物は北にのびる広い谷を埋め,Valley of Ten Thousand Smokesと名づけられ,多数の二次噴気孔が噴火後数十年間活動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカトマイ[山]の言及

【アラスカ半島】より

…太平洋とベーリング海にはさまれて南西方向に約800kmにわたって延び,アレウト列島に続く。中央をアレウト山脈が走り火山が多く,北東部には活火山のカトマイ山(2047m)を中心にカトマイ国定記念物がある。気候は湿潤冷涼で霧が頻繁に発生し,植生は草原が支配的である。…

※「カトマイ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カトマイ[山]の関連キーワードカトマイ火山国連合同エイズ計画UNAIDSファインズームウル第3王朝メルセンヌ数佐野市郷土博物館藤村記念館メルセンヌ素数ワバグ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android