カトマイ[山](読み)カトマイ

世界大百科事典 第2版の解説

カトマイ[山]【Mount Katmai】

アラスカ半島中部にある活火山。標高2047m。中生層の基盤の上にのる主として安山岩から成る第四紀成層火山で,類似した数個の火山と群を成す。1912年6月に大噴火し,約60時間内に4km3の火砕流とそれに続く大量の降下軽石を噴出し,最後に溶岩円頂丘ノバラプタNovaruputaを生じた。その結果,山頂火口は陥没し,径約4kmのカルデラを生じた。火砕流堆積物は北にのびる広い谷を埋め,Valley of Ten Thousand Smokesと名づけられ,多数の二次噴気孔が噴火後数十年間活動した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカトマイ[山]の言及

【アラスカ半島】より

…太平洋とベーリング海にはさまれて南西方向に約800kmにわたって延び,アレウト列島に続く。中央をアレウト山脈が走り火山が多く,北東部には活火山のカトマイ山(2047m)を中心にカトマイ国定記念物がある。気候は湿潤冷涼で霧が頻繁に発生し,植生は草原が支配的である。…

※「カトマイ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android