コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヌリ族 カヌリぞく Kanuri

1件 の用語解説(カヌリ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヌリ族
カヌリぞく
Kanuri

ナイジェリア北東部のボルヌ地方からチャド湖西岸にかけて住む長身の黒人民族。人口約 400万と推定される。言語はナイロ=サハラ語族カヌリ語を話す。 11世紀以来イスラム教徒で「マリカイト法典」を重んじ,16世紀にはボルヌ帝国を栄えさせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカヌリ族の言及

【ニジェール】より

…10~11世紀には早くもイスラムが入り,都市住民は改宗したが,村落部にまで行き渡ったのは19世紀である。 ハウサ,ソンガイ,ジェルマ,カヌリ族Kanuriなどの農耕民は,土壌の肥沃な南部を占め,ミレット,モロコシなどの雑穀を主作物として栽培するほか,ラッカセイやワタなどの商品作物を生産している。ソンガイはニジェール川で,カヌリはチャド湖での漁労も行う。…

※「カヌリ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カヌリ族の関連キーワードチャド湖ナイジェリアブージーマイドゥグリマラディカラバービアフラベヌエ[川]カネム・ボルヌー帝国ナイル・サハラ語族

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone