コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平民 へいみん

6件 の用語解説(平民の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平民
へいみん

明治維新から第2次世界大戦後の 1947年まで一般庶民に用いられた身分呼称。明治2 (1869) 年の版籍奉還により従来の公卿諸侯が華族,同4年の廃藩置県により武士が士族と呼ばれることになったのに対応してできたもので,四民平等が叫ばれながらも,平民は最下級の身分として温存された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へい‐みん【平民】

官位のない普通の人民。庶民。
明治2年(1869)設定された族称の一。華族士族を除いた農・工・商に対する呼称。日本国憲法の施行とともに消滅。→士農工商
古代ローマで、貴族・奴隷以外の一般市民。プレブス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平民【へいみん】

1869年明治政府が設定した族称の一つ。四民平等が唱えられたが,皇族華族士族・平民の階級制が温存され,士を除く農・工・商民を平民と称した。第2次大戦後消滅。
→関連項目新平民被差別部落苗字

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

へいみん【平民】

(1)古代律令制下で位階官職をもたない一般人民をさした語。百姓,公民,良民と同様な意味で用いられた身分呼称であった。《令義解(りようのぎげ)》で〈家人(けにん),奴婢(ぬひ)〉について〈すでに平民に非ず〉といわれているように,賤民である家人や奴婢は平民身分から除外された。また公民の籍帳から外れた浮浪人も平民とはみなされなかったが,浮浪帳に編付され調庸を負担している浮浪人は,弘仁年間(810‐824)の太政官符により水旱不熟の年には平民に準じて調庸が免除されることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へいみん【平民】

官位をもたない普通の人民。庶民。
1869年(明治2)華族・士族が設けられたのに対して、従来の農・工・商の身分に用いられた呼称。
プレブス に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平民
へいみん

1869年(明治2)明治新政府が、旧幕藩制社会の身分秩序を廃止した際、それまでの農・工・商の三民につけた身分上の呼称。政府は新政の基本方針の一つとして、「四民平等」を宣言したが、なお皇族、華族、士族、平民のように、国民のなかには差別的呼称が残された。政府は農・工・商を平民に一括して、70年彼らに姓(苗字(みょうじ))を許可した。その結果、それまで原則として苗字がなかった町人、農民にも、強制的に姓を唱えさせる措置がとられた。その翌年、政府は平民に乗馬や、羽織、袴(はかま)の着用を許し、また華族から平民に至るまで相互に婚姻の自由も認めることになった。ついで同年、従来から「穢多(えた)」「非人」とよばれてきた被差別民に対する身分外身分も撤廃され、平民籍に編入された。こうして、平民とは単に家系を示す呼称に限られ、それまでのように、華族や士族の下位に位置づけられ、彼らに従属する関係ではなくなり、法制上でも同等に扱われることになった。しかし、戸籍記載の場合に残された平民の呼称が完全に消失するのは、90年の戸籍法の制定以降であったように、旧来の華族、士族、平民を格づけた身分意識は、国民の間に長く残存した。事実、明治維新や初期民権運動などで士族が積極的に行動して、農民その他を指導したことが多かった。しかし、教育の普及、知識の向上などにより、1880年代後半以降、たとえば、平民主義が主張され、平民社の結成、『平民新聞』の刊行などのように、いわゆる平民とよばれた華・士族以外の諸階層の台頭が目覚ましくなっていった。[石塚裕道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平民の言及

【士族】より

…このうち微禄の者は同年12月に卒とされ,士族は18等,卒は3等に分けられた。この士族のもとに,農工商は平民と称せられた。72年1月,卒は廃止され,世襲の卒は士族へ,一代抱えの卒は平民に編入された。…

【四民平等】より

…明治維新期,従来の士農工商などの封建的身分制を廃した政策。しかしこれで身分制はなくならず,華族士族平民に再編成され,被差別部落民も残存された。その過程は,1869年(明治2)6月版籍奉還にさいし公卿・諸侯(旧藩主)を華族に,平士以上の藩士などを士族としたことに始まる。…

【身分制社会】より

…戦士としての騎士身分と農民身分の明確な分離,市民身分の出現などは,その顕著な表れである。ヨーロッパの中世都市は,古代のポリスやキウィタスとは異なり,農村地域とはっきり区別された特別の法領域であったから,聖職者や貴族など封建領主たる上位の諸身分に対しては,市民が農民とともに〈平民〉身分(フランスの〈第三身分〉)とみなされることもありえたが,法制上,市民は明らかに農民と別個の身分であった。ただ,イギリスにおいては,かなり早くから下級貴族たる騎士身分が,軍役代納金制の普及や傭兵使用の開始により,戦士の機能を失って地主化の道を歩んだため,ジェントリーという独特な名望家階層が形成された。…

※「平民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平民の関連キーワード散官地下資人免官官位相当復任無位余り戸散事服解

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平民の関連情報