カノバス・デル・カスティーリョ(読み)かのばすでるかすてぃーりょ(英語表記)Antonio Cánovas del Castillo

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カノバス・デル・カスティーリョ
かのばすでるかすてぃーりょ
Antonio Cánovas del Castillo
(1828―1897)

スペインの政治家。マラガに生まれる。ジャーナリストとなったのち、マドリードに出て中央政界入りする。1854年のクーデターでは、オドンネルの秘書として、穏健派政府批判宣言を執筆した。オドンネル政府で内務次官、のち穏健派政権で内相などを務めたが、オドンネルにも穏健派にも不満を抱くに至る。1868年の九月革命の際には局外にいたが、アマデオ王政下、ついで共和政下でアルフォンソ12世による王政復古に奔走。1874年の王政復古後、保守党を率いて6回にわたり政権を担当、1876年憲法の制定、自由党サガスタとの政権交替制導入を行った。政治の安定化に成功したが、彼の名にちなんでカノバス体制ともよばれるその政治体制は、民衆を排除したうえに成り立っていた。1897年8月8日、キューバ問題打開策を検討中、保養地サンタ・アゲダ(ギプスコア)でイタリア人アナキストに暗殺された。

[中塚次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android