コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奔走 ホンソ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐そ【奔走】

ほんそう(奔走)」の音変化。
「民を憐むこと、初孫をお祖父(ぢい)祖母(おば)の大事に―するより情深し」〈浮・宗匠気質〉

ほん‐そう【奔走】

[名](スル)
忙しく走り回ること。物事が順調に運ぶようにあちこちかけまわって努力すること。「募金集めに奔走する」
もてなすこと。饗応。馳走。
「今宵限りの御―とりどり騒ぐばかりなり」〈浄・手習鑑
大切にすること。かわいがること。
「木ごとに花ぞ咲きにけるなどと―めさるるは」〈俳諧寺記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんそう【奔走】

( 名 ) スル
物事がうまくいくように、あちこちかけまわること。 「国事に-する」 「知人の-で就職できた」
ごちそうしもてなすこと。 「賭引の手物は、亭主-か/庭訓往来」
大切にすること。かわいがること。 「初は賢者をいかにも-して/毛詩抄 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

奔走の関連キーワードマルクスアウレリウスアントニヌスさらばモスクワ愚連隊席暖まるに暇あらず世界で一番熱い夏サイレント・プア足を棒にする【かせ】田荘駆けずり回るクローリー頼三樹三郎中岡慎太郎河野敏鎌庭訓往来汗馬の労長尾能景郡司成忠辻 維岳清川八郎田崎草雲木下尚江

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奔走の関連情報