コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピタン雪駄 カピタンセッタ

大辞林 第三版の解説

カピタンせった【カピタン雪駄】

革を三枚重ね、表を黒漆塗りまたは溜ため塗りにした雪駄。武士・医者・僧侶などが用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカピタン雪駄の言及

【雪駄】より

…今日でも関西ではセキダと呼び,関東ではセッタというが,いずれもセチダの訛(なま)りである。熊の毛皮を張った毛雪駄,裏革を3枚張ったカピタン雪駄などもあった。【潮田 鉄雄】。…

※「カピタン雪駄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カピタン雪駄の関連キーワード三枚重ね黒漆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android