コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピタン雪駄 カピタンセッタ

デジタル大辞泉の解説

カピタン‐せった【カピタン雪駄】

革を3枚がさねにして、表を黒塗りまたは溜(た)め塗りにした雪駄。江戸前期から中期までの武士・医師・僧侶などが用いたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カピタンせった【カピタン雪駄】

革を三枚重ね、表を黒漆塗りまたは溜ため塗りにした雪駄。武士・医者・僧侶などが用いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のカピタン雪駄の言及

【雪駄】より

…今日でも関西ではセキダと呼び,関東ではセッタというが,いずれもセチダの訛(なま)りである。熊の毛皮を張った毛雪駄,裏革を3枚張ったカピタン雪駄などもあった。【潮田 鉄雄】。…

※「カピタン雪駄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone