雪駄(読み)せった

日本大百科全書(ニッポニカ)「雪駄」の解説

雪駄
せった

履き物の一種草履(ぞうり)の裏にを張ったもので、地方によっては、普段履いている草履をさす所もある。その特色は、草履のに革が張ってあるため、湿っている所を歩いても湿気が通らぬこと、あわせて底が傷まないので喜ばれた。裏打ちの革としてはウシ、ウマ、イノシシ、シカなどの獣を用いた。駄の考案者は、茶人の千利休(せんのりきゅう)といわれているが、さだかではない。江戸時代初期には、摂津国や山城(やましろ)国の名産とされた。また江戸では江戸製のものを地雪駄、これに対して上方(かみがた)製のものを下り雪駄といった。

 雪駄も、年代がたつにつれて、革の減るのを防ぐために、尻鉄(しりかね)を打ち付けるようになり、歩くとチャラチャラ音をたて、これを楽しむ風が江戸っ子の趣向にあい、(びょう)打ちの雪駄が流行した。そればかりか、毛雪駄、吉原(よしわら)遊びの吉原雪駄、あるいは粋(いき)向きの丹前(たんぜん)雪駄なども現れた。また大名の奥方や御殿女中の間では、に緞子(どんす)の布地を使った乗物雪駄、あるいは僧侶(そうりょ)や医師の間ではカピタン雪駄が用いられた。カピタン雪駄は、表を革で三枚張りにして黒塗りあるいは溜(ため)塗りにしたもので、古くなると塗りがはげる欠点があった。

[遠藤 武]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「雪駄」の解説

せち‐だ【雪駄】

せった(雪駄)」に同じ。
「―に灸(やいと)すゑし盧地(ろぢ)口/季吟」〈紅梅千句〉

せっ‐た【雪駄/雪踏】

《「せつだ」とも。「せきだ(席駄)」の音変化。もと「むしろ(席)の履物」ので、「雪駄」は当て字》竹皮草履(ぞうり)の裏に革をはった履物。底が痛みにくく、また、湿気が通らない。千利休が工夫したと伝えられる。後には、かかとに尻鉄(しりがね)を打つことが流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「雪駄」の解説

雪駄【せった】

雪踏とも書く。竹皮草履(ぞうり)の裏に獣皮をはって表に水気がしみとおらぬようにしたもの。千利休の考案ともいわれるが,平安時代にはすでに用いられている。耐久性があるため江戸初期以来普及し,かかとに金物を打った鋲(びょう)打雪駄など各種の雪駄が作られた。
→関連項目草履

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雪駄」の解説

雪駄
せった

雪踏とも書く。草履の一種。竹の皮で編んだ表に,牛皮の裏を張りつけたはきもの。千利休が,雪の日に歩くとき,水気がしみ通らないように牛皮をつけたことに始るという。に尻鉄を打った切回し雪駄は,江戸時代に侠客などが歩くと音がするのを好んではきはじめ,流行したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「雪駄」の解説

せった【雪駄】

雪踏とも書く。竹皮草履の裏に獣皮を張り,踵(かかと)に鉄片を打ったはきもの。千利休が雪のさいの露地用に考案したと伝えられるが,これは俗説で,平安時代に貴族武家の社会で用いられた,台の裏に獣皮をつけた尻切(しきれ)から発達したものである。江戸時代の《毛吹草》(1638)に,竹皮草履の雪踏が摂津国の産物としてあげられている。セチベン(けちくさい)者が竹皮草履を用いたことから,セチダと呼び,好事の人が雪踏,雪駄の文字を当てた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android