コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフエ川 カフエがわKafue

1件 の用語解説(カフエ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフエ川
カフエがわ
Kafue

ザンビア中部の川。コンゴ民主共和国ルブンバシ西方約 50kmの国境地帯に源を発し,南東流してキトウェンカナ付近で南西に向きを変え,ナムワラ西方で東に折れ,ジンバブエとの国境でザンベジ川に注ぐ。全長約 960km。カフエ上流 400kmまでは小型船の航行が可能。途中ルカンガ沼,カフエ湿地を形成し,12月~4月の雨季に,流域は数 kmにわたって水没するが,沃土に恵まれ人口が多い。水鳥が多く,漁業も盛ん。ルサカ南西約 50kmの湖 (ダム) にカフエ水力発電所が建設され,1972年から稼働している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone