コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水鳥 スイチョウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐ちょう〔‐テウ〕【水鳥】

水禽(すいきん)類。みずとり。
《字が水(氵)と酉(とり)からなるところから》酒のこと。

みず‐とり〔みづ‐〕【水鳥】

水上または水辺で生活する鳥の総称水禽(すいきん)。 冬》「―や百姓ながら弓矢取/蕪村

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいちょう【水鳥】

みずとり。水禽すいきん
〔字が「水(氵)」と「酉とり」とからできているので〕 酒の異名。

みずとり【水鳥】

水辺にすむ鳥。水面を泳いだり、水中に潜って魚をとったりする鳥の総称。 [季] 冬。 《 -を吹あつめたり山おろし /蕪村 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水鳥
みずとり
water bird

鳥類を生態によって二分したときの一つで、水面または水辺で生活する鳥をいい、陸鳥に対する語。広義の水禽(すいきん)と同義である。その生活場所に対応して脚、足、翼、嘴(くちばし)などの形態に特殊化した特徴をもつものが多い。遊泳と潜水に関連した水かき、浅い水辺の歩行に関連した長い脚と長い足指、潜水に関連した小さな翼などがとくに目だつ。
 しかし、鳥のなかにはそのような特徴をもたないのに水辺に限って生活するものや、そのような特徴をもつのに水とは縁のない生活場所にすむものがあるために、水鳥という概念の外延はあいまいである。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水鳥の関連キーワードカーニョネグロ野生保護区滋賀県高島市新旭町饗庭鳥取県米子市彦名新田水掻き・水搔き・蹼ウオータードッグダウンジャケットブライアントあじさわう浮き寝の鳥人慣れる浮島人形鵜の足貝兜沼公園ハナレイ水辺の鳥深山翡翠居替はるカイマン浦本昌紀山おろし

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水鳥の関連情報