水鳥(読み)スイチョウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐ちょう〔‐テウ〕【水鳥】

水禽(すいきん)類。みずとり。
《字が水(氵)と酉(とり)からなるところから》酒のこと。

みず‐とり〔みづ‐〕【水鳥】

水上または水辺で生活する鳥の総称水禽(すいきん)。 冬》「―や百姓ながら弓矢取/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいちょう【水鳥】

みずとり。水禽すいきん
〔字が「水(氵)」と「酉とり」とからできているので〕 酒の異名。

みずとり【水鳥】

水辺にすむ鳥。水面を泳いだり、水中に潜って魚をとったりする鳥の総称。 [季] 冬。 《 -を吹あつめたり山おろし /蕪村 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水鳥
みずとり
water bird

鳥類を生態によって二分したときの一つで、水面または水辺で生活する鳥をいい、陸鳥に対する語。広義の水禽(すいきん)と同義である。その生活場所に対応して脚、足、翼、嘴(くちばし)などの形態に特殊化した特徴をもつものが多い。遊泳と潜水に関連した水かき、浅い水辺の歩行に関連した長い脚と長い足指、潜水に関連した小さな翼などがとくに目だつ。
 しかし、鳥のなかにはそのような特徴をもたないのに水辺に限って生活するものや、そのような特徴をもつのに水とは縁のない生活場所にすむものがあるために、水鳥という概念の外延はあいまいである。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐ちょう ‥テウ【水鳥】

〘名〙
① 水にすむ鳥。水禽(すいきん)。みずとり。
※世阿彌筆本謡曲・知章(1427頃)「船にとりのり、海上にうかむよそほひ、ただ滄波のうねにうきしづむ、すいてうのごとし」 〔礼記注‐曲礼上〕
② (字が「水」と「酉(鳥)」とから成るところから) 酒の異称。
※雑俳・江戸むらさき(1731)「水鳥の大師河原に酒屯」
③ (②から転じて) 酒飲み。飲酒家。
※一中節・廓の寿(1804)「揚屋揚屋の水鳥(スヰテウ)ら、ある夜其の夜は初雪を、酒に明かして対月と、噂にきくの盃開き」

みず‐とり みづ‥【水鳥】

〘名〙 水上または水のほとりで生活する鳥類の総称。水禽(すいきん)。古くは主に鴨(かも)の類をさした。《季・冬》
※万葉(8C後)一九・四二六一「大君は神にし坐せば水鳥(みづとり)のすだく水沼(みぬま)を都となしつ」
※源氏(1001‐14頃)胡蝶「みづとりどもの つがひを離れず遊びつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水鳥の関連情報