コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフカス・アルバニア王国 カフカスアルバニアおうこく

1件 の用語解説(カフカス・アルバニア王国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カフカスアルバニアおうこく【カフカス・アルバニア王国】

カフカス南東部のダゲスタン南部と現ソ連領アゼルバイジャンにあった古代王国。主要住民アルバニア人の言語はカフカス諸語に属する。この地方の住民は前1千年紀末には,犂耕作,放牧,種々の工芸,岩壁画(コブスタン)などの文化を有し,前3~前2世紀には国家を形成して首都をカバラに置いた。前1世紀にはクル川に至ったポンペイウスローマ軍と戦った。3~5世紀ころ封建的諸関係が形づくられたが,キリスト教が国教とされたのもこのころで,独立のアルバニアカトリコス管区が設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone