コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩壁画 がんぺきがrock drawing

1件 の用語解説(岩壁画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩壁画
がんぺきが
rock drawing

岩壁絵画ともいう。岩の表面に描いた絵画のことで,洞窟内部にみられる場合が多い (→洞窟画 ) 。世界各地に存在しており,その描かれた年代も,題材も一様ではない。フランスからスペインにかけてみられる旧石器時代後期の洞窟岩壁画,アフリカ北部に散見する新石器時代の岩面絵画,アフリカ南部の洞窟や岩盤にみられるものや,スカンジナビア半島を中心として見出される青銅器時代の岩面刻画,オーストラリア北西部の岩陰や洞窟に先住民の描いた岩壁画などがあり,日本でも小樽の洞窟に,たぶん人物像と思われる刻画がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の岩壁画の言及

【インド美術】より

…それはベーダの宗教がもっぱら祭祀を中心とし神殿や神像を必要としなかったことと密接な関連がある。【肥塚 隆】 中部インドの山岳地帯には膨大な先史岩壁画が分布している。それらは古くから知られているミルザープルMirzapur,バーンダBanda,マハーデオ・ヒルMahadeo Hillsなどの山地のほか,最近続々と発見されているボーパール周辺の山地(ビーマベトカBīmabetka,カトティアKathotia,フィランギFirangiなど)に集中しており,後者は,世界最大の先史岩壁画群を形成する。…

【岩面画】より

…洞窟や岩陰の壁ないし天井や,独立した岩石の表面に施された彩画,刻画,浮彫で,それらを制作するために岩面が整えられていないもの。岩壁画,岩壁絵画ともいう。旧石器時代から新石器時代にかけて制作され,一部は歴史時代に属する。…

※「岩壁画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩壁画の関連情報