コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフゼー遺跡 カフゼーいせきQafzeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフゼー遺跡
カフゼーいせき
Qafzeh

イスラエルのナザレ近くにある洞窟遺跡。中期旧石器時代のルバロア=ムスティエ文化の遺物を伴って多数の新人類の人骨化石が発見されている。約9万年前と推定されている層位で出土した人骨は,現代型ホモ・サピエンスとしてはユーラシア最古の資料として注目された。これらを研究したフランスの人類学者 B.バンデルメルシュは,西ヨーロッパのクロマニヨン人がネアンデルタール人に由来したのではなく,カフゼー人に代表される西アジアの古い新人類の子孫であると主張している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android