コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中期旧石器時代 ちゅうききゅうせっきじだいMiddle Paleolithic Period

1件 の用語解説(中期旧石器時代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中期旧石器時代
ちゅうききゅうせっきじだい
Middle Paleolithic Period

考古学における年代区分の一つ。更新世第3間氷期から第4氷期I亜氷期ぐらいにかけての石器時代で,剥片石器,特に尖頭器とサイドスクレーパーを代表とする。ヨーロッパのムスティエ,西南アジアアフリカ北部のルバロア=ムスティエ,アフリカ東部のフォーアスミスなどの文化がこの時代の代表的文化としてあげられる。この時期のアジアについてはよく知られていないが,やはり剥片石器が中心になっていたと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の中期旧石器時代の言及

【旧石器時代】より

…一方,ハンド・アックス文化はアフリカからヨーロッパ,中近東からインド南部にかけて広大な分布圏を形成した。
[中期旧石器時代]
 約8万年前から約3万5000年前まで続いた旧人(ネアンデルタール人)の時代であり,地質学上では最終氷期の前半に相当する。ヨーロッパにはネアンデルタール人によって残されたムスティエ文化の遺跡が広く分布している。…

※「中期旧石器時代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone