コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプレアエ Capreae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプレアエ
Capreae

現イタリアのカプリ島の古代ローマ名。新石器時代から人が住んだが,紀元後までネアポリス (現ナポリ) 領,アウグスツス帝はたびたびこの地を訪れ,チベリウス帝は晩年の 10年間ここに隠棲し,その多くの遺構が残存している。この島の有名な青の洞窟をローマ人はすでに知っていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android