コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリ島 カプリとうIsola di Capri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプリ島
カプリとう
Isola di Capri

イタリア南部,カンパーニア州ナポリ県の小島ナポリ湾口,ソレント半島の西方沖にある。石灰岩や凝灰岩からなり,周囲は高い断崖をなして海に臨んでいる。北岸の海食洞グロッタアッズラ(イタリア語で「青の洞窟」)は光線の具合で洞窟内がみごとな青色に輝くことで有名。有史以前から人が住み古代ギリシアの植民地となり,ローマ時代には保養地として知られた(→カプレアエ)。今日でも温暖な気候と風光美に恵まれた世界的な観光地。主要な町はカプリアナカプリ,主要港はマリーナグランデ。柑橘類,オリーブ油,白ワインを産する。古代ローマ皇帝アウグスツスチベリウス別荘跡がある。面積 10.4km2。人口 7045(1991推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カプリ‐とう〔‐タウ〕【カプリ島】

Capri》イタリア南部、ナポリ湾の南にある島。観光地。グロッタアッズーラ(青の洞窟(どうくつ))とよばれる海岸鍾乳洞(しょうにゅうどう)がある。→青の洞窟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カプリとう【カプリ島】

〔Capri〕 イタリア、ナポリ湾沖合にある小島。著名な観光・保養地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプリ島
かぷりとう
Capri

イタリア南部、ナポリ湾の南、ソレント半島から5キロメートルのティレニア海上にある山がちの島。長さ6.25キロメートル、幅2.75キロメートル、周囲17キロメートル、面積10.36平方キロメートル。東に人口7058のカプリ、西に人口5844のアナカプリと、二つの町がある(2001国勢調査速報値)。島の最高峰はソラーロ山(589メートル)。温暖な気候、景色のすばらしさ、グロッタ・アッズーラ(青い洞窟(どうくつ))をはじめとする多くの海食洞などによって、国際的観光地として有名である。すでに旧石器時代に定住者があったことが認められている。また、土地は肥沃(ひよく)で、花、ブドウ、オリーブなどが栽培される。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カプリ島の関連キーワードジョージ・ノーマン ダグラスM. コツュビンスキーアルベルト モラビアラ・ピアッツェッタマリーナ・グランデマリーナ・ピッコラコツュビンスキーリモンチェッロルドフスキーカンパニア州ソルダーティコーピッシュティベリウスララビアータビラジョビスカプリパンツカプレーゼフィールズリプシツ青の洞門

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カプリ島の関連情報