コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カムチャダール

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カムチャダール
かむちゃだーる
Камчадал Kamchadal

カムチャツカ半島に居住するイテリメン人の俗称。カムチャダールとは本来、半島に流入定着したロシア人をも含めたカムチャツカ半島の住民を意味することばであったが、先住民族イテリメン人をさすことばとしても用いられた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カムチャダールの関連キーワードペトロパブロフスク・カムチャツキーチュクチ・カムチャツカ語族カムチャツカ半島カムチャダール語古シベリア諸語イテリメン族旧アジア諸語コリヤーク語コリャーク語古アジア諸族イテリメン語チュクチ語千島列島綱引き

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android