コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカサタケ(唐傘茸) カラカサタケ Macrolepiota procera

2件 の用語解説(カラカサタケ(唐傘茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラカサタケ(唐傘茸)
カラカサタケ
Macrolepiota procera

担子菌類マツタケ目ハラタケ科。夏から秋にかけて,草原や林間の日当りのよい地面にまばらに発生する。傘は径8~15cm,ときに 25cmぐらいになる。初めは卵形であるが,だんだん開いてほとんど平らになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カラカサタケ【カラカサタケ(唐傘茸) Lepiota procera (Fr.) S.F.Gray】

担子菌類ハラタケ目ハラタケ科のキノコイラスト)。食用になる。大型で高さ20~40cm,かさは直径15~30cmにもなる。開く前のかさは球状にすぼんで茎の先端をつつむので,若いキノコはたんぽ槍形をし,かさは柔軟な海綿質なので握っても砕けず,開くにつれ表皮は裂けて大きな褐色の鱗片となる。ひだは白く茎に隔生し,茎は円柱状,灰褐色で,表皮は細かく亀裂してだんだら模様をあらわす。茎の上部には動きやすい指輪状のつばがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラカサタケ(唐傘茸)の関連キーワードイグチ(猪口)ヒトヨタケ(一夜茸)ベニタケ(紅茸)原茸シメジスギヒラタケタマゴタケナラタケハラタケヒメマツタケ(姫松茸)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone