コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカサタケ(唐傘茸)(読み)カラカサタケ(英語表記)Macrolepiota procera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラカサタケ(唐傘茸)
カラカサタケ
Macrolepiota procera

担子菌類マツタケ目ハラタケ科。夏から秋にかけて,草原や林間の日当りのよい地面にまばらに発生する。傘は径8~15cm,ときに 25cmぐらいになる。初めは卵形であるが,だんだん開いてほとんど平らになる。表面はなめらかで赤褐色ないしこげ茶色。柄は太さ 1.5~2cmで,高さは 15~35cm,ときには 50cmに及ぶ。傘の開ききった形が唐傘に似ていることからこの名がつけられている。胞子紋は白。食べられる。ニギリタケの別名がある。北海道,本州に産し,汎世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラカサタケ【カラカサタケ(唐傘茸) Lepiota procera (Fr.) S.F.Gray】

担子菌類ハラタケ目ハラタケ科のキノコ(イラスト)。食用になる。大型で高さ20~40cm,かさは直径15~30cmにもなる。開く前のかさは球状にすぼんでの先端をつつむので,若いキノコはたんぽ槍形をし,かさは柔軟な海綿質なので握っても砕けず,開くにつれ表皮は裂けて大きな褐色の鱗片となる。ひだは白く茎に隔生し,茎は円柱状,灰褐色で,表皮は細かく亀裂してだんだら模様をあらわす。茎の上部には動きやすい指輪状のつばがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android